マンガ愛、溢れてます。
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

ダ・ヴィンチ 2022年12月号

500pt/550円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

【販売終了】

作品内容

※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』12月号第一特集は「新海誠が開く、新たな扉」。約3年ぶりの新海誠最新作『すずめの戸締まり』が、11月11日に公開されます。コロナ禍を経てたどり着いた新海監督の想いが詰まった今作。深化する物語に呼応した、進化した圧倒的な映像美。作り手たちのこだわりを通して作品の根底にあるものに迫ります。第二特集は「大人の恋バナ!」。さまざまな恋愛のかたちについて語る言葉や物語が増えてきたいっぽうで、「異性の恋愛」を語る言葉は、かつてに比べ随分と少なくなりました。異なることが憎しみや奪い合いを生むのではなく、より多くの愛を生み出すことができるように。大人が語り合う恋バナ特集です。そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
※本電子書籍の配信期間は、2023年2月4日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ 

  • ダ・ヴィンチ 2023年6月号

    500pt/550円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』6月号の第一特集は、「宮沢賢治と歩く、岩手の物語」です。大都会でコンクリートを踏みしめていると、あっという間に時間が過ぎてしまう。もし令和のいま、あの宮沢賢治がいたら──生まれ育った岩手に、イーハトーブという理想郷を重ね創作活動をしていた彼なら何を考えるでしょうか。今年没後90年を迎える宮沢賢治の言葉と共に、岩手の世界を旅してみませんか。第二特集は「岸辺露伴と禁忌」。5月26日に公開予定の映画『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』。その原作は荒木飛呂彦氏によるシリーズ累計発行部数1億2千万部超の大ヒット作『ジョジョの奇妙な冒険』から生まれたスピンオフ「岸辺露伴」シリーズの一作。この特集では“怪異”をテーマに「岸辺露伴」シリーズの魅力を解き明かします。他にも人気連載が復活!「[令和版]解体全書」など読み応えたっぷりでお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年8月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2023年5月号

    500pt/550円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』5月号の第一特集は、「ずっと『花より男子』に夢を見たい!」です。1992年の連載開始から30年、今も幅広いファンに愛され続けている『花より男子』。イケメン集団F4、セレブ高校、そして主人公たちの真っ直ぐな想い。作品にぎゅっと詰まったさまざまな“キュン”を感じる特集です。第二特集は「大泉 洋がとまらない!」。2008年の初表紙(単独)以降、本誌表紙最多登場となる大泉洋さん。多数主演をつとめ、3年連続紅白の司会、バラエティでも活躍と圧倒的な存在感を放っています。留まることなく愛され続ける大泉洋さんの10年ぶりの大特集です。さらに、待望の初対面&初対談「養老孟司×星野 源」、「読書会へいこう!」と創刊30年記念号にふさわしい豪華企画満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年7月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2023年4月号

    500pt/550円(税込)

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』4月号の特集は、新たなる代表作『黄色い家』を刊行した「川上未映子特集」です。圧倒的な言葉の力によって、世界の過酷さ、不思議さ、美しさをとらえてきた川上未映子さん。『夏物語』は40カ国以上での翻訳出版が決定し、『ヘヴン』『すべて真夜中の恋人たち』が国際的な文学賞の最終候補になるなど、全世界に注目される川上未映子さんが向けるまなざしに迫ります。ほかにも『すずめの戸締まり』公開後のロングインタビュー「新海誠が子どもたちと考える明日の自分」、電子書籍の魅力についての新連載など、話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年6月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2023年3月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』3月号第一特集は「心が動く、音楽が秘めた物語」。私たちはいつの時代も「音楽」をテーマにした小説やマンガに惹かれてしまいます。聴こえるはずもない音に、声に魅了され、読んでいるうちに胸を熱くするのです。「音楽」と「物語」という鮮やかで美しい関係性を今回は様々な角度から見つめます。第二特集は「本と筋肉は裏切らない!」。コツコツと運動をする・身体を鍛える「筋トレ」と、物語の世界へ没入し、知見が深まる「読書」はどちらも自分を整えることにつながっています。本を創作する人は、意識的に筋トレを取り入れている方も多く、出版界でも筋肉を題材にした作品が話題に。筋トレも読書も重ねれば重ねるほど、身体と脳に効果が反映されます。どちらも“裏切らない”のです。そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年5月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2023年2月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』2月号第一特集は「推しがしんどい ~推しがいないのもしんどい~」。推しは人生を豊かにしてくれる。もう尊すぎてしんどい。しかし推しの一挙一動に揺さぶられ追わずにはいられず心も財布事情もしんどい。推しっていったいなんなんだろう。推しと自分の関係を考える特集です。第二特集は「サンリオ、その懐かしさの奥にある変わらないもの」。文房具、バッグ、洋服、カップやお皿……子どもの頃や学生時代、サンリオのキャラクターがそばにいた人は多いのでは? 創立60周年を迎えたサンリオは日本の「カワイイ文化」を牽引してきました。時代が移りゆく中でもファンに愛され続けるサンリオが抱く、“変わらない”思いに迫ります。そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年4月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2023年1月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』1月号は年末恒例の大特集「BOOK OF THE YEAR 2022」です。あなたは今年、どんな本と出会いましたか? 小説/コミック/文庫/エッセイ・ノンフィクション、各ジャンルのランキングに豪華な面々のコメントやインタビューが! 表紙を飾ってくださった大泉 洋さんはじめ、町田啓太さん、市川染五郎さん、加藤シゲアキさんら“今年の顔”の皆さんにも本を選んでいただきました。出版界を賑わせたニュースの振り返り。書評家、装丁家、翻訳家、本にまつわる方々が語る今年の本たち。日本中の本好きの声を集めた大特集、お楽しみください! そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年3月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年12月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』12月号第一特集は「新海誠が開く、新たな扉」。約3年ぶりの新海誠最新作『すずめの戸締まり』が、11月11日に公開されます。コロナ禍を経てたどり着いた新海監督の想いが詰まった今作。深化する物語に呼応した、進化した圧倒的な映像美。作り手たちのこだわりを通して作品の根底にあるものに迫ります。第二特集は「大人の恋バナ!」。さまざまな恋愛のかたちについて語る言葉や物語が増えてきたいっぽうで、「異性の恋愛」を語る言葉は、かつてに比べ随分と少なくなりました。異なることが憎しみや奪い合いを生むのではなく、より多くの愛を生み出すことができるように。大人が語り合う恋バナ特集です。そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年2月4日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年11月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』11月号第一特集は「動物マンガを愛でる」。経済的、時間的、様々な理由で現実的にはなかなか難しいけれど、動物とともに過ごす毎日を夢見ている私たちに癒しをくれる動物マンガ。SNSから火が付く作品も増えました。今回は近年の話題作、懐かしの名作をテーマ別ご紹介します。そして動物医療や保護、介護についての声も取り上げました。第二特集は「『アイドリッシュセブン』の世界」。2015年にスマートフォン向けアプリゲームとして産声をあげた『アイドリッシュセブン』。通称『アイナナ』は現在、累計ダウンロード数500万突破。7周年を迎えた今もなお多くのファンに愛される作品の作り手たちに話を聞きました。そのほか話題の本のインタビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2023年1月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年10月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』10月号第一特集は「東野圭吾最前線!」。「ガリレオ」シリーズのこれまでのドラマや映画はいずれも大ヒット。映画化第3弾となる『沈黙のパレード』が9月16日に公開されます。映画のキャスト・監督のインタビューの他にも、気鋭の作家が対談で東野作品の凄さを語り、さまざまなジャンルの作品レビューで、常にベストセラーとなる東野作品の魅力を考察します。第二特集は「『ベルサイユのばら』の軌跡」。今年50周年を迎える『ベルばら』。今読んでも新たな発見があり、長く愛されるこの作品の奥深さに迫ります。そのほか話題の本のインビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年12月5日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。
  • ダ・ヴィンチ 2022年9月号
    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

    本とコミックの情報誌『ダ・ヴィンチ』9月号はぶちぬき大特集で「再発見!『ONE PIECE』」。全世界累計発行部数5億部超の大ヒットマンガ『ONE PIECE』の劇場版最新作『ONE PIECE FILM RED』が8月6日に公開。尾田栄一郎氏が総合プロデューサーを務める今作で描かれるのは、“シャンクスの娘”。これまで明かされなかった原作にも連なる“親子”の物語は、きっと『ONE PIECE』とあなたを再び出会わせます。映画の紹介とともに、さまざまな記録を打ち立ててきた『ONE PIECE』の歩みや、作品を愛するあの人たちからのメッセージなど濃密な特集です。そのほか話題の本のインビューや対談など、今知りたい情報、満載でお届けします。
    ※本誌の誌面と一部異なり、掲載のない頁・写真等がございます。
    ※本電子書籍の配信期間は、2022年11月4日までの予定となっております。あらかじめご了承ください。

レビュー

ダ・ヴィンチのレビュー

平均評価:5.0 3件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 本が好きなら楽しく読める
    みかんさん 投稿日:2023/2/23
    【このレビューはネタバレを含みます】 毎号、自分の知らなかった読書知識や体験を増やすことができる、充実した内容だと思います。基本的に小説やコミックといった本の紹介や著者インタビューなどの特集が組まれていますが、加えてその書籍をもとにした映画やドラマなどの分野にも触れられているページもあります。ジャンルも様々であり、例えばある時は本格的ミステリーを深く分析したり、またある時には現代のSNSをきっかけとして生まれた作品を取りあげるなど、テーマも毎回異なっていて面白いです。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 22年5月号
    MWさん 投稿日:2022/4/13
    22年5月号は第一特集がCLAMP先生、第二特集がBLと刺さる人には刺さりまくる構成。紙版雑誌は品薄だそうで、電子版は雑誌より半額近く安いし、BL特集は全ページ収録ありましたので、おすすめです。特に「美しい彼」実写版清居の美しすぎるピンナッ プが。。一輪の白い薔薇と共に。(凪良ゆう先生が清居のイメージと聞かれて、白い薔薇と回答したらあの写真になったそうです) もっとみる▼
  • (5.0) 矢沢あい先生の特集!!
    スイさん 投稿日:2022/7/22
    矢沢あい先生の特集に惹かれて、初めて雑誌部門を購入しましたが、拡大しても文字崩れやぼやけもなく読みやすかったです。そして肝心の特集も最高でした!メールSPインタビュー、ファンの方は必見です。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ