電子コミック大賞
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
ライトノベル
【合本版】銀の鳥籠  [下巻]
3巻完結

【合本版】銀の鳥籠 [下巻]

1,500pt/1,650円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「最後に君の笑顔が見たいんだ……」  [分冊版16~22巻を収録]

お得なラノベ・小説・実用書クーポン!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全3巻完結

  • 【合本版】銀の鳥籠  [上巻]

    1,550pt/1,705円(税込)

    「ショウ。こっちにおいで」
    甘く優しいけれど、有無を言わせない声。この男が愛でているのは所有物である自分の姿形であって、自分が何を思っているかなど気にもしていないだろう。
    俺はこれからこの優しい顔をした男に貪り喰われることになる――。

    学校からの帰り道、見知らぬ外国人に拉致された少年・彰吾(しょうご)は、自分が日本から遠く離れた異国の地へ売られたことを知る。
    そして、そこで彰吾を待ち受けていたのは、愛玩用の奴隷として生きる生活だった……。

    残酷でありながらも切なく、無常さの中に光を見出す、衝撃の物語が遂に書籍化!
    ※本作品は「銀の鳥籠」(分冊版)を合本収録したものです。重複購入にご注意ください。
  • 【合本版】銀の鳥籠  [中巻]

    1,300pt/1,430円(税込)

    どれほど大事にされようと、どれほどこの人の優しさが本物のように見えようと、それはかりそめのものにすぎないというのに……。
    [分冊版9~15巻を収録]
  • 【合本版】銀の鳥籠  [下巻]

    1,500pt/1,650円(税込)

    「最後に君の笑顔が見たいんだ……」  [分冊版16~22巻を収録]

レビュー

【合本版】銀の鳥籠のレビュー

平均評価:4.5 20件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) Lが薄い
    Umihaさん 投稿日:2023/9/19
    読み物として秀逸でした! が、BLかと言われると返答に困る。 一般文芸書でいいのでは?と思えるような綿密な話でした! 最後は泣けたねー。 いやぁ、これは良い。 これはとても良いラストでしたよ。 個人的に大好きなラストでしたよ 。 続編も途中まで書かれてるみたいですが、最終更新が2017年! もうこれは下手に手を出さずに、ここで終わりと自分の中で区切ろうと思います。 思ったような話とは全然違ったけど、ネタバレ無しで読んで欲しい一冊です。 ただ、万人受けしないだろうし、スッキリしないのははっきりと伝えておきたい! もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 万人受けではない…が!(・・;
    ササさん 投稿日:2022/1/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 童顔の美少年といった特長以外はごく普通の中学生、彰吾は、いつも通りの下校中突然何者かに襲われ、拐われてしまう…。 誘拐(から主人公が解放されるまで)描写が妙にリアルで、色々と連想してしまい、これ大丈夫なのか…?と、心配になったのですが、上巻は主人公、怒涛の不憫ラッシュ!始終ハラハラしっぱなしであっという間に読み終えてしまいました(笑)。 受である主人公彰吾は賢く、年齢の割には大人びた思考もでき、でも年相応の反応をしてくれるので読んでる方もわりやすく好感がもてます。 問題は攻のイーサンなんですが、彼に関して好き嫌いが分かれますよねぇ。ホント、控え目に言っても最低の真のぺ○野郎(笑)なので、私もかなり中盤になるまで好きになれず、「お前イケメンだからって何してもいいと思うなよ!!」と、イライラさせられました(苦笑)。攻の背景や育ってきた環境、『どうしてそうなった!?』は、後々解ってきますが、イーサンが許せるか許せないかで、読後感が違ってくると思います。 中盤以降、他の少年達との交流が出てくると読んでて楽しくなり、攻と立場逆転してさらに楽しくなり…まさか最後あんなにうるうるさせられるとは…(;_;) エロは舞台が舞台なだけにガッツリあります。ただやっぱり舞台が舞台なだけに、攻以外との描写や他の子の…なんかもあったりするので、地雷の人は注意ですかね。 物語としてはスッキリ終わってますが、やはり彰吾やイーサンのその後…が気になるところです。 番外編でも良いのでもう一話!なんとかならんのですかねぇ…? 続きを読む▼
  • (5.0) 愛玩奴隷◯◯日の記録
    まめぶぅさん 投稿日:2023/5/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 内容が内容なので読者を選ぶ。アンビリーバボーとか犯罪再現ドラマとか観るのが好きな人にお勧め。お値段高めだが各巻500〜600ページを超える大作。文章は簡潔で読みやすく、しかし内容は濃い。 主人公がいかにして攫われ、どのような屈辱を受け、その時何を考えたかが、日記をつけるが如く詳細に綴られていく。日本人少年が異国で性奴隷にされるというフィクションを、いかに本当らしく描くかに心血が注がれている。なので、どこまで読み進めて行っても、攻めは加害者で受けは被害者という事実が常に突きつけられる。これは…作者はいったいどういう結末を用意しているのか、結末で全ての評価が決まるなと思いながら読みました。途中攻めがキャラ変してきて甘さが勝ち気味になり、先行きに不安を感じる。前半の残酷描写のリアリズムに対して、結末がBLファンタジーなご都合主義では興醒めなのだから…。 ふーむむむ、こう来たか。容赦の無い〈完〉の文字が潔くていいなと思ったので☆5としました。続編があるらしいけれど…読みたいような読みたくないような。 エチシーンは、そりゃあもうじっくり開発で私的に大満足でした。酷いシーンもあるのでご注意。綺麗事じゃなくガチの性奴隷なので。一番のお気に入りエチシーンはなんと攻めじゃない人とのエチでした(笑) 続きを読む▼
  • (5.0) 怖い話
    アンジェさん 投稿日:2022/1/8
    【このレビューはネタバレを含みます】 世界のどこかではこういう事あるんだろうなと思いながら読んでた。 日本の某有名事務所だって似たようなパーティを開く。 アフリカ中東アジアの貧しい所なんて道徳観念がまるで無いので完全に絵空事では済まないと思う。 本当に人間は怖くて醜い。 題材の恐怖はともかく、このBLは傑作。 終盤になるにつれ、誘拐犯の葛藤とジレンマが面白かった。 最後が綺麗過ぎて後を引く。 主人公のその後、ちゃんと社会復帰出来たのか気になる。 続編が見たいような見たくないような。 主人公が飛行機のタラップを踏んだ後、イーサンが飛行機ごと自爆してくれたらスッキリしたんだけど、私だけかな。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ