マンガ多すぎ!業界最大級!!
漫画(まんが) ・電子書籍のコミックシーモアTOP少女・女性マンガ女性マンガSORAJIMASORAJIMA傷だらけ聖女より報復をこめて【タテヨミ】63話「真実を知ること」
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
女性マンガ
63話「真実を知ること」
75巻配信中

63話「真実を知ること」

60pt/66円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

本作品は現在の環境ではブラウザビューアでお読みいただけません。
本棚アプリでお読みください。
ブラウザビューアでお読みいただく場合は、iOS9.0以上、android6.0以上の環境にてお読みください。

作品内容

治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  75巻まで配信中!

  • 61話「薄れていた記憶」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 62話「交錯する思惑」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 63話「真実を知ること」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 64話「ユミアの語り」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 65話「悪魔の本性」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 66話「すべきことは」&番外編「イラスト集」「歴代キービジュアル集」「未公開キービジュアル集」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 67話「もういいや」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 68話「月夜の情報交換」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 69話「変わる風向き」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。
  • 70話「謝罪」

    60pt/66円(税込)

    治癒の力を持つ聖女候補のルーア。しかし彼女の能力には欠点があり、症状を自分に移して治癒するため、自身に痛みや苦しさが伴うものだった。そんな彼女を欠陥扱いする聖女候補たちだったが、親友のアリアンだけはいつも庇ってくれていた。ある日、ルーアが想いを寄せる騎士団長のガロットが瀕死の状態に。彼の傷を完治させたルーアは、能力の限界で生死の境を彷徨う。しかし目覚めた時、手柄はすべてアリアンのものになり、ガロットとアリアンの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、ガロットからも冷たく当たられる。絶望し、もう誰も癒さないと誓ったルーア。そこに第二王子スウェンが、「君を貶しめてきた奴等に復讐をしないか」と持ちかける。彼女は隠していたもうひとつの能力──これまで癒した症状を他人に与える加虐能力──を使い、スウェンと手を組んで”聖女”ではなく”悪女”として新しい人生を始める。

レビュー

傷だらけ聖女より報復をこめて【タテヨミ】のレビュー

平均評価:4.3 119件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 幸せになって欲しい
    モナリザさん 投稿日:2024/2/19
    派閥もあり色々苦労もありますが最後にはそれぞれ幸せになって欲しいです。これからの物語がどうなっていくのか楽しみです。

高評価レビュー

  • (5.0) 好きな作品
    ゆあささん 投稿日:2023/7/17
    他で読んでますがシーモアで単行本買おうかと思ったら単話版しか無いんですね。おまけエピソード付きとかにしてまとめた単行本で出して欲しいな。 タテヨミだと難しいのかなぁ?単行本にするなら横になるのかな。横の方が私も好きだしタテヨミ敬遠してる人 にも受けそうな内容だからなって欲しい。 絵は少し癖があるけど基本が出来てて上手いから安心して読めます。皇子の見た目も好みだし主人公も可愛いし好きな絵です。 主人公がけっこう可哀想なんだけど一人でも強く頑張る姿が好感持てる。皇子もいいキャラだし、普段可愛い感じが強めなのになんだかカッコイイ…ってなります。 こういう系の作品はたくさん読んでるし王子系のキャラもたくさんいるけどこの作品の皇子は久々に自分にヒットする魅力がありました。 皇子以外の男性キャラたちも主人公のお相手役ではなくても魅力的に描かれていてすごくいいです! 悪役も本当にさっさと滅べって感じで憎らしく描かれてますが滅んだらすぐ終わっちゃうかもなのでそういう意味では滅んで欲しくない。根本的なことが解決しても皇子との日常やお城の人たちや従者たちとのやりとりが読みたいなあと思える。 もっとみる▼
  • (5.0) 縦読みを効果的に使っている!すごくいい!
    美夜湖さん 投稿日:2023/12/15
    縦読み作品って個人的にスクロールが面倒なので、何となく避けていましたが、この作品は作画と色合いが美しく興味をそそられました。 扉絵とかの一枚絵ではなく、物語の中で主人公サイドも悪役もチョイ役ですら美麗なタロットカードのような構図と演出を度 々しており、目を楽しませてくれます。これは横読みだと間延びしますが、縦読みだからこそ活きる演出だと思いました。画集が欲しいレベルです!だからといってまだるっこしい事もなく、話は割とサクサク進む所もいい! 物語もとても良く、主人公がなよなよせずに過酷な運命に立ち向かって行く姿を思わず応援したくなります。王子筆頭に支援者たちも皆魅力的です。 悪すぎていっそ清々しさすら感じられるライバルや例の組織は、勧善懲悪を極め完膚なきまでに叩きのめして欲しい限りです。まだ未完の作品ですが、プロローグでちょっと垣間見れた結末をがっつり見られるのを今から楽しみにしています。 もっとみる▼
  • (5.0) よくある展開の繰り返しだけど
    てんてこママさん 投稿日:2023/6/28
    【このレビューはネタバレを含みます】 ありがちな展開を繰り返すストーリーだけど、 そう解ってても読み進めちゃうのよね、こういうお話。 復讐心に火がついた途端に、ルーアがアリーに負けないくらい小賢しいというか、おぞましい表情を浮かべるところが、ルーアもかなり気の強い子なんだろうなぁと思う。ナヨナヨしてたのが演技だったの?ってくらいの変わり様には、アリーと同類のように思えてなんだか可笑しい。 まぁ、最終的には全てルーアの圧勝でめでたしめでたしなんだろうけど、解っててもきっと最後まで読むと思う。 絶対丸く収まるの解ってても観ちゃう時代劇みたいな感覚で(笑) 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

復讐に燃える美しすぎる元聖女
制作:わっきー(シーモアスタッフ)
「治癒」の能力を持つ聖女候補のルーアは生死の境を彷徨うまでになりながらも、思いを寄せる騎士団長のガロットを瀕死状態から救った。しかし目覚めると手柄はすべて親友で同じく聖女候補のアリアンのものになり、ガロットはそのアリアンとの婚約が決まっていた。アリアンの本性を目の当たりにし、絶望感に打ちひしがれるルーアに対し、第二王子のスウェンが「一緒に復讐をしないか」と持ちかけてきて…!?編乃肌(あみのはだ)先生が贈る美しく壮大な復讐劇。とにかく絵が上品で美しくて一気に作品に引き込まれる!最初は弱気で自分に自身のないルーアが、復讐のため立ち上がっていく様がいい。力に頼るだけでなく、弱かった自分を少しずつ変えながら、周囲に立ち向かう主人公が魅力的。「闇」に立ち向かう主人公がカッコいい!本当の悪は誰だ?

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ