マンガ愛、溢れてます。
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

海の闇、月の影 1

440pt/484円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

満月の日になると異常な能力を持つ姉妹。体は宙に浮き物体をすりぬける。善と悪!!恋人をめぐる超能力の戦いは?

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全18巻完結

  • 海の闇、月の影 1

    440pt/484円(税込)

    満月の日になると異常な能力を持つ姉妹。体は宙に浮き物体をすりぬける。善と悪!!恋人をめぐる超能力の戦いは?
  • 海の闇、月の影 2

    440pt/484円(税込)

    流水の異常な行動は、古代の細菌に感染したためだと指摘する当麻。しかし、流水は流風に対する攻撃の手をゆるめず、石倉主将に菌を移し、流風を襲わせた!! でも、当麻に邪魔をされ、またも失敗。とうとう姉にまで手を出した流水は…!!
  • 海の闇、月の影 3

    440pt/484円(税込)

    流水の恐ろしい攻撃をかわし、流風と当麻は初めてのキス…。なぜか、当麻には菌が移らず、安心した流風。しかし、流水は陸上部員に次々と菌を移し、二人を孤立させた!! そして、ついに流水につかまった当麻は、菌を移され…!?
  • 海の闇、月の影 4

    440pt/484円(税込)

    流風と流水がついに対決!? 空中に浮かぶ、そっくりなふたつの人影が、今ぶつかりあう。止めに入った克之の胸に流水の手がのびた…。流水は言う「克之さんの気持ちが変わらないなら、克之さんをだれにも渡さないために殺すしかない!!」
  • 海の闇、月の影 5

    440pt/484円(税込)

    謎の科学者ジーン・ジョンソン。彼の本当の目的は、流水と手を組み世の中をあやつることにあった!! ジーンの研究の成果に期待をかける流風は、姿を消したジーンと流水を探し求めた。一方、ジーンと流水は、とてつもない悪事をたくらんでいた。
  • 海の闇、月の影 6

    440pt/484円(税込)

    城惺学園を救うため、学園に乗り込んだ克之だったが、ジーンに捕らえられてしまった。ジーンは、克之を閉じこめた体育館を事故に見せかけて爆破した!! 流水と流風はジーンの隠れ家に閉じこめられていて、流水は自分の思い通りにならないジーンを窓からつき落とすが!?
  • 海の闇、月の影 7

    440pt/484円(税込)

    流風の救出に失敗した克之は、ジーンの正体を調べるため英国大使館に行く。一方、流風はジーンの命をねらうが、なかなか果たせない。しかし、その間にもジーンは、自分の目的のため殺人をかさねてゆく…。自分を殺そうとする流風に、ジーンが話した彼の正体とは…!?
  • 海の闇、月の影 8

    440pt/484円(税込)

    流水に撃たれ傷ついた流風。流風が収容された病院にも追手が迫る。からくも脱出した流風と克之だが、ジーンに支配された病院によって、ふたりは伝染病患者としてテレビで公開手配されてしまった。克之はジーンの眼に弱点があるのではないかと感じているのだが…!?
  • 海の闇、月の影 9

    440pt/484円(税込)

    ジーンを倒すために手を組んだ流水と流風。ジーンの基地である豪華客船上で、双子対ジーンの壮絶な戦いが始まった。流水と流風は絶妙なコンビネーションを見せるが、ジーンの能力は双子以上だった。そしてついに、流水はジーンの手にかかって…!!
  • 海の闇、月の影 10

    440pt/484円(税込)

    処方せんのひとつを持つ真琴は、ジーンによって自分だけでなく他人も物体に埋めこむ能力を与えられていた。流風と流水は、なんとかして処方せんを手に入れようと考えをめぐらせる。死の意味さえわからずに殺人を重ねる真琴は、流風の命までもうばおうとするが!?

レビュー

海の闇、月の影のレビュー

平均評価:4.6 307件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (4.0) けっこう怖い
    bonさん 投稿日:2023/3/26
    もとは仲良しだった双子の姉妹が、あることをきっかけに善と悪に分かれて戦うストーリー。流水の容赦ない恐ろしさ、怖い絵とともにゾクッとします。主人公は善のほうの流風なんだけど、流水のほうに同情しちゃいます。

高評価レビュー

  • (5.0) ああなっちゃったきっかけを、考えるとー
    romance2さん 投稿日:2019/7/8
    一卵性双子がそっくりなことをストーリーに織り込んで、片や善、片や悪に別れて死闘。善は戦いたくない、一方悪の方は戦いたがる。 連載の都合からか戦いは手を替え品を替え状態。息もつかせぬ怒濤の展開でスリリングな描写には、ウイルス感染なかりせば戦 いの生まれることもなかった、という運命の皮肉がもの悲しい。 好きな人が、自分とそっくりな外見を持つ姉妹の方に好意を持ってしまう。なんて残酷な現実。受け入れるには確かに苦しいこと、それを敵意、憎悪に転化して、行きどころを失った思いを晴らす背景がある。譲れない気持ち。 といって、悪いことは許されない。悪は悪、事情があっても、それは受け入れられないもの。 当麻克之が脇目もふらず、驚くほど愛情を主人公流風に終始捧げてる。これに対して、愛されポジションに謙虚すぎてその「善」の位置の強調が、余計に対照的に憎悪の塊の化け物となった流水(るか)の姿を映し出す。読んでいても、ストーカー並みに二人に流水が対峙するのが激しい。連載なら間隔が空くが、巻で読むと割と息抜きが欲しくなる。巧みな緊張の喚起が却って息苦しさを招く。 特に双子兄弟との対決に至って少し読み疲れる。あらゆる対決が物語を貫き、主人公に完結まで休息を与えず。ほんわかのんびりを求めている心境の時は読むのを避けるべき。 篠原先生は、男の子と女の子とがくっつくくっつかない、みたいな恋の入り口でウダウダは割と少なくて、互いに意識の自覚が早く、双方の気持ち確認も早く、そこのモタモタが苦手な人や、うじうじヒロインのネガティブ思考に付き合いきれない人は、軽く処理しているのでいいと思う。 出来上がったカップルの、そこからの、というところを描くのも悪くない。 爆発とか、町ぐるみ国レベルの巨大なテロもどきが入って、先生の漫画のスケールが好き。 また、ホラーのテイストが入る作風に立ち位置を示してきた先生の本領が、いかんなく発揮されている。 対立の終結は、片方が命尽きるまで。ソレが憎しみの性質なのだと。その何ともいえない構図を、たっぷり何度も消耗戦を繰り広げて見せつける。 話は、戦いというものが目的化してしまっている。当麻と流風の愛を横串に、手が色々突き抜けて通せたりだとか、空中戦も自由奔放、こうした発想を絵に出来る先生だから描けた、といえる様な漫画。 ホラーは苦手な私なのに。 曽祢まさこ先生を思い起こす。 もっとみる▼
  • (5.0) 双子の不思議!?
    福寿草さん 投稿日:2008/10/8
    流風と流水は双子の姉妹たまたま古い洞窟に行ったところ、その遺跡に眠っていた古いウィルスに感染してしまい超能力に目覚めてしまう。 と、そこまでは良かったんだが、二人が密かに憧れていた克己が流風を選んでしまい、流水がウィルスのせいか悪の人格が目 覚めてしまい?、二人の争いが徐々にみんなを巻き込んでいってしまう…。絵は時代のせいか古臭かったり、ちょっと残酷描写がありやますが、最後が感動します。特に、ラストの二人の対決のシーンで流水が一瞬、昔の流水に戻り…。流風、私を殺して、で、流水は死んでしまうというシーンは、中途半端にハッピーエンドにならなくて良かったです。 また、月がでている日にしか超能力は使えない(新月日だけ超能力が使えない)という設定も物語に変化がでて良かったです。私は殆ど姉のもっていたコミックを読んだんですが繰返し読める作品なので興味ある方はどうぞ(^_^)v もっとみる▼
  • (5.0) 色褪せない名作
    うにいくらさん 投稿日:2008/2/20
    産まれた時からまさに一心同体で強い絆で結ばれていた双子の流風と流水が、謎のウイルス感染によって超人的な能力を身につけます。 また、同じ男性に恋をした事が引き金で、二人は光と影のように相反する存在となり、争いあう悲しい運命へ身を投じていきます 。 コミックが連載されていた当時は主人公の流風を応援していましたが、今読み返すと何故か流水に感情移入してしまいました。 恋のために流風を憎み、総てを破壊していく流水。 彼女の狂気や荒々しさの中には癒せない悲しみが常にあったような気がします。 それだけにラストは涙が出ました。 ずっと一緒だった二人にとって悲しくも美しい結末だったと思います。 最後に流水は幸せであったと信じたいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 流水、大好き!
    TOMOKIさん 投稿日:2009/3/5
    しっかり泣きました! 物語は双子の片方が、好きな先輩に告白されて始まります。 二人とも、その先輩が好きで…。 でも、選ばれたのは片方だけで…。 そんな時、双子は同時に特殊な能力を身につけてしまう。 と書くと、途端に胡散臭く思えて読め なくなるんですよね〜。 でもご安心を。 ちゃんと理由があります! その辺は、リアリティがあって、物語に入り込み易いです! いつでも、どんな時でも一緒だった二人。 その時、たった一つ違った事と言えば、先輩の告白だけ。 私は、選ばれなかった流水(ルミ)が、最初から最後まで好きでした。 双子だからこそ、こんなに悩むし、こんなに恨めしいし、こんなに悲しい。 流水〜!(泣) もっとみる▼
  • (5.0) 海月は深い!!
    くれはさん 投稿日:2009/1/8
    自分の家族や 仲の良かった友達… 身の回りの人間が、 ウイルスに感染し邪悪な 心を持った流水と、 流水に操られる 人達によって 殺されていく…そんな 史上最悪なシナリオです 人を平気で殺したり 自分の妹・流風をも 殺そうとする姉・流水を 最初は怖く、憎らしく 思ったんですが、 微妙に変わりつつある 流水の心情には 「もしかしたらハッピーエンド かも…」 という希望も持てます しかし 「結果的に誰よりも辛く 可哀想だったのは 流水なんだな…」 と思いました… そんな悲しく、恐ろしく、 深いストーリです。 とても読み応えが あります もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

クセになる怖さ!
広報:あずき(シーモアスタッフ)
「天は赤い河のほとり」などで人気の篠原千絵先生のミステリー作品です。誰もが間違えるほどそっくりな双子の流風と流水は、高校の先輩である当麻克之に恋をします。二人共に想われていると知らない当麻先輩は流風に告白。悲しいけれど相手が流風なら、と流水は潔く先輩を諦めることを決意します。翌日双子はハイキングにやってきますが、突然の雨に襲われ、横穴にやむなく非難を。するとそこの土壁が崩れ、たくさんの人骨と只ならぬ気配が…!狂い出した双子の運命は?!背筋がゾクッとする表情やシーンがたくさんあって、怖さと面白さのあまり心臓がバクバクします!ミステリーだけでなくホラー要素が好きな方にもオススメです。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ