マンガ愛、溢れてます。
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

寄越す犬、めくる夜(1)

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

極めて、凶悪な受2人。タチが悪くて手に余る、2つのカラダ──。【お人好し攻×クズのチンピラ受×ヤクザの“オンナ”受】 舞台はヤクザ経営のカジノ。バイトの新谷(しんたに)はチンピラのディーラー・菊池(きくち)がやっていた横領に巻き込まれ、制裁を受けることになってしまう。制裁を命じるのは会長(オーナー)の“オンナ”・須藤(すどう)。命令は「ビデオカメラの前で菊池を犯せ」。唐突な命令に硬直する新谷だったが、須藤にモノを咥えられ、泣きじゃくる菊池を犯すよう導かれ──。 闇社会に踊るドロドロ三角関係、開幕!

詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全6巻完結

  • 寄越す犬、めくる夜(1)

    600pt/660円(税込)

    極めて、凶悪な受2人。タチが悪くて手に余る、2つのカラダ──。【お人好し攻×クズのチンピラ受×ヤクザの“オンナ”受】 舞台はヤクザ経営のカジノ。バイトの新谷(しんたに)はチンピラのディーラー・菊池(きくち)がやっていた横領に巻き込まれ、制裁を受けることになってしまう。制裁を命じるのは会長(オーナー)の“オンナ”・須藤(すどう)。命令は「ビデオカメラの前で菊池を犯せ」。唐突な命令に硬直する新谷だったが、須藤にモノを咥えられ、泣きじゃくる菊池を犯すよう導かれ──。 闇社会に踊るドロドロ三角関係、開幕!
  • 寄越す犬、めくる夜(2)

    600pt/660円(税込)

    お人よし攻×クズのチンピラ受×ヤクザの”オンナ”受。どちらも危険でエロい、W受け! チンピラのカジノディーラー・菊地はイカサマが発覚し、ハメ撮り動画を撮られた末にヤクザの借金を抱える身となる。返済のために新職場でも金を盗む菊地は、”前科”に気付いた男に脅迫され、SMレイプを受けていた。一方、カジノのバーテンダー・新谷は、菊地の借金返済を手伝う流れでヤクザの”オンナ”須藤と「1回30万」の援助交際を始める。セックスは変態的で淫乱だが、私生活では脆い姿を見せる須藤に、新谷の心は揺れ動き―。 闇社会に踊る三角関係、待望の第2巻!
  • 寄越す犬、めくる夜(3)

    600pt/660円(税込)

    「かわいそうな奴」に欲情する男・新谷(しんたに)×健気系チンピラ・菊池(きくち)×魔女系ヤクザ情婦・須藤(すどう)の闇社会に躍るドロドロ三角関係、緊迫の第3巻!! チンピラの菊池は、暴力団会長暗殺を命じられ崖っぷちに立たされてしまう。苦しみをひた隠しながら、新谷に「好きです」と想いを告げた菊池は、うまれて初めて、愛され幸福にひたる夜を過ごした。そんな健気な菊池を新谷は心底愛おしいと思い、借金のために寝ていた須藤と手を切ろうとするが、須藤もまた、新谷にすがりつきたいほどに心はボロボロだった。傷ついた須藤は菊池を罠にかけ、大人の玩具を埋め込み新谷を待った。3人で交じり合う、狂乱の夜を過ごすために――。
  • 寄越す犬、めくる夜(4)【電子限定カバー&特典付】

    650pt/715円(税込)

    腹を括った二股攻×魔女系ヤクザ情婦×健気系チンピラのドロドロ三角関係、慟哭の第4巻!!「ほんとうに好きだったよ」新谷と須藤、最後の逃避行へ――。長年、須藤が“情婦”をやってきた暴力団会長・良継。彼の暗殺計画を知った須藤は暴走するが新谷は放っておけず、須藤を連れて逃げた。菊池には「お前だけは必ず生き残ってくれ」と言い置いて……。逃げ延びた須藤の故郷で新谷は須藤の壮絶な過去を知る。幼い須藤史哉は、いかにして一人のヤクザ・良継に出会ったのか――。
    新谷くんのズブズブ二股生活は、W受のエッチなお求めにわりと忙しい!…なエロエロ番外編も収録!【電子限定彩色カバー&紙・電子共通応援書店ペーパー&番外編ネーム収録】
  • 寄越す犬、めくる夜(5)【電子限定特典付】

    650pt/715円(税込)

    【電子限定!描き下ろし特典ペーパー収録】
    三角関係、ついに完結!
    「かわいそうな奴」に惹かれる男×健気なチンピラ受×不憫な死にがたり受

    「須藤さんが好きだから生きていてほしい」
    須藤の故郷へ、ともに逃げてきた新谷。そこで、新谷は須藤の悲惨な過去を聞き、彼をやさしく抱いた。
    翌朝、緊急事態のまま別れた菊池に新谷は「もう少しで戻る」と電話をかけたが、追手のヤクザ達は迫っており、死にたがる須藤と向き合っていたーー。
    すべての元凶のこの場所で新谷はこの悲劇を終わらせることができるのかーー?
  • 寄越す犬、めくる夜 番外編 イルミネーション

    150pt/165円(税込)

    BL史に残る闇社会叙事詩「寄越す犬、めくる夜」の番外編が登場!読む者すべての心に凄まじい余韻を残した“あのラスト”のその後。須藤はどのように過ごしているのかーー?
    ※本作は「on BLUE」vol.56に掲載された番外編作品です。

レビュー

寄越す犬、めくる夜のレビュー

平均評価:4.6 328件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 地獄の三角関係の果て…
    Kamiyaさん 投稿日:2023/5/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 1巻から怒涛の展開で、よくここに着地したなと感嘆としました。まともそうな新谷のかわいそうに欲情する性癖がこの三角関係の肝。新谷はその心の弱いところを須藤に曝け出され、吐き出していて、春真相手には見せたくない一面であったと思う…。でもそこを須藤に春真の目の前で暴かれ、でもそれを春真が受け入れたことで、新谷にとっては春真が自分の帰るべき居場所になったのだと思えました。須藤の生きてきた人生はヘビーで、新谷も三年引きずるほど。そんな新谷の須藤への想いごと受け止める春真の包容力、健気さに感涙のエンドでした。番外編で須藤を必要とし、寄り添ってくれる人がいて一安心です。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 祝完結!皆に幸あれ
    naoさん 投稿日:2021/12/25
    【このレビューはネタバレを含みます】 温かな終着点に心底安堵した。カワイソウ合戦の果ての心中endとか悪い予感に押し潰されそうだったから。狂気の3P…須藤さんに応じる刹那、傷つき涙する春真ともあえて視線を合わせてしまう二股優男←鳥肌モノ。破滅的な状況に興奮を覚える自称クソ野郎な新谷は確かにいた。その闇を目の当たりにしても信じる気持ちを捨てない春真が健気すぎて…盲目な想いも危う過ぎるピュアさもここまで突き抜けると神々しさすら感じてこっちまで涙が出た。新谷もここを境に腹を括った感あり、命懸けで春真を庇い命懸けで須藤さんの逃避行に付き添う。本当に命があって良かったよ…。4巻は春真を想うと苦しくて、でもこの時点で新谷にとっての春真が一方的に庇護する相手から頼り頼られ支え合いたい存在へと変化していると思えたから、待てた。それを誰より感じ取っていたのがある意味ずっと新谷を通してふたりを〔見ていた〕須藤さんだと思っていて、だからこその「敵わなかった」であり春真をも救ったのかなと。 最終巻、3年間プラトニックて…新谷よ…初期のもみあげが雄みがあってお気に入りだったのがツーブロに!と思ったらまさかの聖人モード発動。贖罪・更生を目指す春真を見守り父や兄に徹し続け…一連の出来事で負った心の傷と罪悪感の大きさに気付かされると同時に、どちらをも救おうとした想いは本物だったと。そこは見直した。世の二股男も皆これくらいの代償払う覚悟を持てと思う。で、禊ぎ明け3年ぶりが初々しさ全開で春真に胸の鼓動を聴かせる新谷とか、たまらん。カワイソウに惹かれてる訳でも繋ぎ止めてる訳でもない、真正面から伝え合う「愛してる」に感無量。カッコつけないでいいと言われた側からやっぱり春真の前では王子様やっちゃう新谷くん、好きだ〜。 寄り添い歩くふたりの後ろ姿が微笑ましく、ひとり歩み出した須藤さんの表情も童心に帰ったかの様で先への希望の感じられる印象的なラスト。受け2人が互いの新谷への想いを理解し尊重し合えたからこそ実現した一瞬の集いが、ふたりとひとりに分かれて生きていく彼らの背中を優しく押すものであってくれと願う。皆、どうか幸せに(番外編読了済) 3人の脆さ強さが苦く愛おしく中でも菊池春真が大好きでした。その涙と成長にこんなに心揺さぶられたキャラクター、他にない。のばら先生、有難うございました。この先こそは新谷信じてもう全て託すから…春真、愛し愛され幸せになってね。 続きを読む▼
  • (5.0) 私みたいな人間が大泣きしました...
    ににさん 投稿日:2022/3/5
    まずこの3人の結末が見れて良かった。時間ができてから一巻からゆっくり読み直そうと思いやっと今日最終巻まで読みました。こんなに泣くとは思ってなかった。数時間経った今も最終巻の表紙の3人を見るだけで涙が込み上げてきます。ラストのお話では涙が止ま らずページを捲れなくて泣き続けてました。いっちばん最後のページの笑顔の須藤さんを見て声を荒げて嗚咽しながら延々と数分間自分でも泣き止むことが出来なかったほどです。普段からどんな事があっても泣くタイプでは無いし泣くとしても涙がポロッと出て終わり。こんなに大泣きしたのは子供の頃以来かもしれません。まさか漫画で自分がこんなに泣くなんて(笑)流石のばらあいこ大先生!といった感じです。私のような人間の心も揺さぶり大泣きさせるストーリーテラーです...犬のように分かりやすくて可愛くて愛おしい菊池、猫のように気まぐれでミステリアスで怖いのに放っておけない須藤さん。この二人の共通点は"可哀想"である事。しかもそんじょそこらの可哀想なんてものでは無いです。考えつきもしない最悪の連続を経験してきた二人。のばら先生は不憫で可哀想な奴を描くのが何故こんなにうまいのか...何故彼らに過酷で酷すぎる試練を与えるのか...本当に最悪のシナリオのオンパレードです。でもそこが死ぬほどこの作品に生きて来る。可哀想な奴を放っておけなくて愛おしく思う新谷。読んでる途中はこいつが一番クズいよな〜と思っちゃいますが、でもいざ自分が新谷だったら?自分だって二人のこと可愛くて愛おしいと思っちゃうだろうし新谷と同じことをしてしまうと思う。ごちゃごちゃ考えてたっていざ彼らの立場になって考えると、あら不思議。納得せざるを得ないんですよね。確かに自分でもこうしちゃうんだろうな〜って思ってしまう。だからどの登場人物に感情移入しても違和感というものが全くない。これはのばら先生の天才的な才能だと思います。本当に本当にすごい漫画家さんです。この結末ものばら先生らしく切なく少しの報われない気持ちも残る感じ。良すぎて読後数日間引きずるタイプの漫画ですね。この余韻に数日間浸りたいと思います。これは絶対に読むべき漫画です。 もっとみる▼
  • (5.0)
    ゆあさん 投稿日:2022/1/4
    少し前にも1巻丸々試し読みをしてて 読んだのですが顔が似てる人が多いし話が複雑で 全然理解できなくてその時は購入しませんでした。 今回は2巻目も丸々試し読みしてたので しっかり読んでみたらもうドハマり。最高。 想像以上に重くて めちゃくちゃ濃い みんな闇を抱えて歪んでる… 病んでるのが好きな人はぜっっったい好きです 綺麗めの華奢で可愛くてでもたまに性格キツくて ほんとはMで闇を抱えてる子が大好きなので 須藤さんがほんとに全てドタイプすぎて目が離せませんでした 新谷がどうしても気にかける理由がよく分かる 性格から何からほんとに猫みたいでそこも好き。 そして須藤さんの過去が重くて悲しすぎて言葉に出来ません すごく一途なのに結ばれない…執着すらも愛しかったです 好きな人と報われて欲しいってずっと思ってました 本当の結果はどうか分からないけど最後まで苦しかった… 菊池の初めの印象とは全く違って純粋で優しくて 触れたら壊れてしまいそうな あの感じもすごく好きなんです。 菊池が段々更生されていく姿に感動すると共に 新谷の家族はなんて素敵な方々なんだろうって思って これから先ドン底しか見えてなかった菊池が 素敵な人達に囲まれて幸せになれてほんとに良かったです 二股とか三角関係の話って全然呼んだことなかったのですが やっぱり心が痛い… 何が嫌かって本気だったらどっちかを選ばないといけないこと ドロドロで好きでしたがそこだけが嫌でした… (かといって、2人選んでたらもやもやしてたと思う) 二股って普通それをする人に腹立ったりすると思うのですが 何故か新谷には全くそれがなくて (かわいそうな人に弱い気持ちがすごく分かるから?) 正直最後まで須藤さんを押してました… 妹思いなところも良かった。男らしくていい男です。 心理描写が上手いので完全に漫画の中に惹き込まれて どっぷり浸かったので購入して大満足です。 星5じゃ足りないくらいです。 もっとみる▼
  • (5.0) 三角は円になるのかも…と思いました。
    R://uKnowさん 投稿日:2022/1/2
    【このレビューはネタバレを含みます】 ★お人好しで可哀想フェチ・新谷×浅はかなチンピラ・菊池×ヤクザのオンナでヤク中・須藤のめくるめく地獄と先が見えない三角関係ストーリー。 ★ヤクザ経営のカジノでのイカサマがバレ、捕らえられた菊池と巻き込まれた新谷。2人に与えられた罰は、新谷が菊池を犯すところを録画するというもの。罰を命じるのは、オーナーの愛人・須藤だった…。 ★よく、このラストに辿り着けたな、と思うくらい先の読めない怒涛の展開でしたね。詰めていた息を、ふーっと吐き出せるエンドでしたが、切なすぎて、どう言葉に表せばいいのかな、と考えていました。須藤は、新谷との約束があるから(約束だけで)生きているのに、新谷は傍にいない…とてもキツイです。須藤が菊池に手紙を書いた理由は、菊池が言う通りで、菊池を通して新谷を感じたかったのだな、と思うとまた辛くなりました。どうして新谷なのよ、と思ってしまいます苦笑。でも、新谷が新谷だったからこそ、菊池は真っ当に暮らし、須藤は生きる選択ができたのですよね。新谷、ありがとう…。そして、菊池の新谷への深い想い、須藤が敵わないと言ったほどの愛が、廻りまわって須藤を生かしたのだと思えます。そう考えると、やっぱり、須藤は菊池自身にも会いたかったんだね、と納得できました。全てが繋がって、三角関係はいつしか形を変えて円になるんじゃないかな、と思いました。それは救いであるけれど、胸が苦しいな、と思います。 ★4巻のみ番外編あり。それぞれ、178,178,183,195(本編159),164ページ。かなり読み応えがありますが、物語のベースは壮絶な痛みで、愛あるセッ/クスは少なく、モブレやSM、3Pなど無理な方はお気を付けくださいね。 ★金髪の犬と足先の丸い猫が、愛に触れ、愛に泣き、縋り、愛を与え、愛を知る物語は、ヒリヒリしっぱなしでしたよ。のばら先生、長い間の連載、大変お疲れさまでした。ありがとうございます。完結おめでとうございます。『on BLUE』のインタビューと番外編も読ませていただきますね。 続きを読む▼
  • (5.0) 深く引きずり込まれる名作
    水玉さん 投稿日:2021/12/29
    止血をするように強く優しい菊池と新谷の関係。 暴力的だけれど幼いような求めるような須藤と新谷の関係。 終始内臓が抉られ喉元を圧迫されている感覚のままエンディングを迎えました。 カジノバーで須藤と新谷はすでにお互いの琴線に触れていた のではないだろうか。視線の右端に気づかないけれどもいつもとらえている。気配があるだけで孤独じゃないと感じられる、そんな存在だったんじゃないだろうか。そのまま穏やかな時が過ぎればよかったのに。須藤がどんなに過酷な人生を歩もうと新谷だけは泥中の蓮のようであれたのに。いや、須藤にとってはエンディングを迎えてなおやはり新谷はそのままの存在。たった一つの大切な宝物なのかもしれない。 幼いころから考えて行動することを見てこなかった教えられなかった菊池は、カラカラと音を立てながら転がり落ちてきた人生だったんだろう。他人を気遣うことも自分を気遣うことも知らない空っぽの中身に、新谷だけの優しさが流れ込んで初めて人として満たされ温かい優しい気持ちが芽生えたんでしょうね。満たされて幸せで新谷たちを守れるなら須藤すら厭わないんですから。すごいよ菊池。可愛くてたまんないよ。 そんなふたりに気持ちを置いてきてしまった新谷。結局のところなるようになったエンディングでほっとする半面、私は思い出にはしてほしくない。二人に惹かれたというより二人のなかに確実にカケラを置いてきたでしょ自ら。抗う事はできたはずだもの。優しさであり強さであるけど、卑怯だし弱かったもの。ずるい。魅力的すぎる。 この3人がずぶずぶと沼にはまっていく周りでストーリーが着々と進み、どんどんお話から目が離せなくなります。 なんて魅力的なお話なんだろう。 のばら先生のお話は作中の言葉を借りれば「禍々しい」表現が多々あるけれどもその中心に何ものにも穢されないような芯がありますよね。 それにどうしようもなく惹かれてしまいます。 本当に出会えたことを感謝。 もっとみる▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

裏社会×△関係
制作:焙煎男(シーモアスタッフ)
のばらあいこ先生作、三角関係の爛れた純愛を描くシリーズ。ずっしり重い物語。ヤクザ経営のカジノで働くカタギの新谷はクズチンピラだけど健気な菊池と黒髪美人な組長の情婦・須藤との間で心も体も揺れ動きます。新谷のお人好しさに焦ったくなりつつも一方を捨てることはできない、そんな辛さが胸に刺さります。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ