マンガ多すぎ!業界最大級!!
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!
BLコミック
本日はお日柄もよく…
1巻完結

本日はお日柄もよく…

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

高校時代の恋人の結婚式に出た。それだけなら珍しいことでもないのだろうが、その相手は男――市川望だった。忘れようとしても忘れられない過去が夢にあらわれ、佐藤伊織は翻弄されることに……。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全1巻完結

  • 本日はお日柄もよく…

    600pt/660円(税込)

    高校時代の恋人の結婚式に出た。それだけなら珍しいことでもないのだろうが、その相手は男――市川望だった。忘れようとしても忘れられない過去が夢にあらわれ、佐藤伊織は翻弄されることに……。

レビュー

本日はお日柄もよく…のレビュー

平均評価:4.3 108件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 過去の描き方が凄く良かった。
    冬眠中さん 投稿日:2023/9/24
    【このレビューはネタバレを含みます】 レビューで知って面白そうと試し読み…から即買いした作品です。 BL作品と結婚式の組み合わせは、幸せな物語とその逆もありますよね。逆だとそれはそれは腐の心を抉るのですが… この作品は前半が結婚式「本日は〜」、後半がその後「夢で会えたら」の二部構成。 過去の思い出と今を行き交う主人公の描写が凄く良くて、その悲しみに共感しまくりでした。 もし後半「夢で会えたら」がなかったら、市川はどうして主人公 佐藤を自身の結婚式に招待したんだろうと(それも友人代表をお願いする程に…。)かなり自己中だなと思いましたが、それには理由があったのだと知ると、五年ぶりにもう一度、佐藤と向き合う為に彼は賭けたのかな?と、そんな風に思いました。 個人的に1番泣いたのは、佐藤が新たに出逢った彼に抱かれながら、市川の事を忘れようと涙したシーン。元カレを忘れるには新たな彼なのかな?と思いますが、痛みは伴うわけで…。 彼が自分に触れるその全てを、市川と比べてしまう佐藤には涙でした。(反応してしまう自身に戸惑う佐藤。作者の描き方が良かったです。) 男子高校生2人が、確証ある未来は描けませんよね。女子にモテる市川が、自分を好きだと…信じられないのに彼の下半身は反応している(BL)。それがいつまでそうなのかと考え出したら…社会人になって環境が変わったら、市川も変わるかもしれず。そんな確証のない関係性を誰にも相談できない高校生の佐藤は、(受け入れた重さ…というのかな)苦しかっただろうなと。 結末はネタバレ無しが良いと…。 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) ネタバレなしがおススメの結婚式再会物語
    みりみゆさん 投稿日:2023/9/10
    【このレビューはネタバレを含みます】 おめでたいはずの結婚式で、新郎望を見つめる元恋人伊織の表情と2人の蜜月の回想シーンで始まる本作。ある意味、BLの定番でもある、切な哀しい物語なんだろうか…、と思いながら読み始めました。その回想シーンが、ノンケだった伊織にとって秘密の、でも本気の恋だったことが伝わり、かつ予想以上にムッチリボディがエッロ!(ただし、白ナマコのような白抜き修正に泣) しかし、時間は無慈悲に進み、終わりを迎えた2人が直接再会するのが攻めの結婚式で受けがスピーチする前のトイレ。…以下ネタバレ厳禁なんですが、終始、受けの伊織目線で読みながら、そらあスピーチ、泣くぞな?切なっ!な展開なんです。 表題作は、この結婚式までの物語。 おそらく、最初はこの1話短編で完結だったところに続編となる「夢で会えたら」が連載されて6話完結。 続編では、高校教師の伊織が、結婚式で望に再会して以降、夢だけでなく、不意に共に望と過ごした日々を回想してしまい、胸をかきむしられながらも、望を忘れられない日常が描かれていて。 BLのあるある設定であれば、かつての男が結婚したことで、新たな恋が始まるところ。が、望を忘れようとしながら、思いが募ってしまう伊織が切ない…。望も、スポーツマンでモテるくせにちょっとヘタレで、にくめない奴なのが何とも悩ましい。 伊織が、いかにも真面目そうなのに、ムッツリスケベで脳内で思い起こされる望とのアレコレのエロさと、5年間貞操守ってたっていうのがね…エロくて切なくて、時々笑えて。 その先は、まさに予想外の展開と言っていいでしょう。 未読の方にも、ネタバレにならない程度に。レビューでその後の展開について評価が別れているのは、おそらく表題作が短編で作られ、その後に続編が描かれるに当たり再構成した人間関係に対する受け止めの違いがあらわれているのかなと。 自分は、表題作で泣き顔で終わった伊織に、作者からの愛として中表紙の結婚式場で手を取り合う姿=表題作にも、続編にも出てこないシーン=を描いてあげたかったのかな、と作者の不憫受けへの愛を感じ取り、そこに萌え転がりました〜! 涙腺を刺激する結婚式再会物語と、その先の一味違う展開が見てみたいなら、の1冊*総188頁 続きを読む▼
  • (5.0) 内容、エロ、バランスの良い大人作品です!
    りんごさん 投稿日:2021/1/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 丸々表題作。188P/エロ盛り盛りあり。修正白抜き/内容★5、キャラ★5、終わり方★5/☆ストーリー☆元カレの結婚式に出席する伊織。元カレの望と伊織は高校時代に付き合っていた。同じ趣味に同じ部活…気づくといつも一緒に居て最初にキスをしてきたのは望の方。驚きと照れが交差する伊織、その日から2人の付き合いは始まった。秘密の関係だったけどそれでも幸せだった。式の最中に流れる映像を見ながらあの頃を鮮明に思い出す伊織、懐かしさと別れを…高校3年の6月に伊織から別れを告げた。望の将来を思って…。それから5年ぶりに再会したのが望の結婚式だった。これをきっかけに再び友人としての付き合いは始まったものの、過去を吹っ切れてない2人の恋人同士だった頃の思い出と現在の関係が交互におり混ざって物語が展開していきます。途中伊織にちょっかいを出してくる当て馬くんがいますが、その当て馬くんの行動が望を動かします。//安心してください!ハピエンですよ!遠回りして寄り道して時間は掛かったけど結局もうお互いしか居ないという事を確認する為に必要な時間だったんですね。名も無い当て馬くんのお陰だよ!君の名は…(笑)。グッジョブ!怒涛の物語展開とエロエロに興奮し過ぎた結果、窓の結露がすごいことになってる。そうだ、換気しよう。 続きを読む▼
  • (5.0) 表題作のみ。高校時代の想いとともに…。
    nekoさん 投稿日:2018/4/3
    表紙から泣けちゃいそうなこの作品。絵柄が特徴的です。高校生の頃付き合っていた恋人の結婚式から始まるストーリーは、現在と高校時代が交差して描かれ、主人公佐藤の過去にしまいこんだはずの想いが溢れ、切なく苦しい気持ちに共感させられました。エロの描 写も肉感的で、白抜きですがなかなか濃厚です。ラストの展開は好みがわかれるかもしれませんが、私的にはありな展開でした。 「本日はお日柄もよく…」 今日は結婚式。佐藤は高校時代の恋人・市川の式に呼ばれ、友人としてスピーチをすることに。流れる思い出のビデオを見ながら、思い出すのは…。 「夢で会えたら」全6話 結婚式の後からあのころの夢を見るようになった佐藤。市川を忘れようとする佐藤がたまらなく切なくて、胸が締め付けられます。 「あとがき」1ページ もっとみる▼
  • (5.0) お互い
    くきさん 投稿日:2020/6/26
    【このレビューはネタバレを含みます】 すごく一途だなと思いました。 同性愛ということを考えれば、結果的には受けが1番悩んだ部分を回避出来る未来があるラストで、良かったと思います。 奥さんの実家を考えれば、別れたらまた見合いを押し付けられそうなので、妹ちゃん的にも離婚はしなくていいのかもですね。 世間に認められる事が真実の愛ではなくて、愛し合う二人が幸せなことが1番です。 絵もストーリーもエロも大満足でした。 受けがかなり漢な感じで好きです。 ラストで受けからキスしたときの攻めの顔は大変可愛らしく必見かと。 出来たらもっといちゃいちゃしてるとこもみたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) ときどき苦手なんだけど…
    なめたさん 投稿日:2019/8/15
    【このレビューはネタバレを含みます】 少年誌ぽい雰囲気のある絵柄に苦手感があり、気になりつつもしばらく塩漬けにしていた作品。クーポンがあるときに買ってみました。 絵柄はやっぱりところどころ苦手な感じがあり… とくにアレの描き方がでかすぎて、「男の妄想」っぽいな〜!!という感じがしてしまったり、最中の白目むくような表情は好きになれなかったりしましたが、それを凌駕するお話の切なさ&ハピエンで良かったです。 回想シーンの色合いが、ダークとホワイトで使い分けられていて、ホワイトの場面が泣けて泣けて。言葉の選び方も好きです。 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

捲るたび溢れ出す涙
営業:亀(シーモアスタッフ)
切なすぎる思いとラストの意外な展開に最後まで目が話せない作品でした。佐藤が別れを告げた恋人・市川の結婚式に出席して始まる物語。あの頃のままの熱い思いを抱えつつ、結婚式のスピーチをする姿は最初から涙が滝のように…。過去と今の思いが交差する表現を是非味わってください。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ