マンガ愛、溢れてます。
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

Sランクモンスターの《ベヒーモス》だけど、猫と間違われてエルフ娘の騎士(ペット)として暮らしてます 1巻

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

「小説家になろう」で大人気の原作を東雲太郎がコミカライズ。元騎士の主人公が転生したのはSランクモンスターの「ベヒーモス」。しかし幼体なので見た目は仔猫!? 自分を拾ってくれた美少女エルフ娘を守るため、騎士(ペット)としての誇りを胸に戦う! 異世界冒険ファンタジー第1巻! 小説版第2巻も同日発売です。※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  9巻まで配信中!

レビュー

Sランクモンスターの《ベヒーモス》だけど、猫と間違われてエルフ娘の騎士(ペット)として暮らしてますのレビュー

平均評価:3.8 43件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 今回も泣けた
    shigen23さん 投稿日:2023/4/30
    【このレビューはネタバレを含みます】 成長し支え合うパーティ ステラの決死の覚悟 アリアの仲間を失ってなるものかの叫びは泣けた ほのぼのと感動が繰り返す、次巻も楽しみ 続きを読む▼

高評価レビュー

  • (5.0) 今、一番アニメで見たい作品です。
    たかiiさん 投稿日:2021/8/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 とにかくタマがかわいい!周りの女性陣も魅力的でちょっとエッチですが、猫(ベヒーモス)が中心の物語であることでいやらしさが中和されます。主人公のタマのアクション(バトル&日常)をアニメで見たいと思ってしまいました。(動物が上手なアニメーション会社がいいなぁ) 女性陣がタマに性的にメロメロなのはちょっとだけ違和感でしたが、亜人が存在する異世界であることでなんとなく許してしまいます。本人(猫)的には幼体なので迷惑しているのが、それがいい。猫好きな癒しを求めている方はぜひ購入する価値があるかなと思います。 続きを読む▼
  • (5.0) 面白いけど女性キャラエロ過ぎです
    いっちゃんさん 投稿日:2019/4/26
    内容は作品タイトルそのままで、死んだ騎士がベヒーモスの幼体に転生したら、猫と間違えられてエロフ・・・もとい、エルフに拾われて一緒に冒険するという話です。 こういう話だと主人公がやたらチートで敵を倒し、他がギリ足手まといにならないというのが ほとんどですが、主人公が後衛の為に他のキャラも順調に成長していきます。 兎に角、女性キャラがエロい。 もっとみる▼
  • (5.0) 猫って可愛いよね
    萬谷殉一さん 投稿日:2019/5/13
    猫好き、異世界好き、乳好き、なら手にしないと勿体無い本が来たーこれ。 ベヒモスの幼体設定で転生した主人公が乳のデカイエルフに拾われ正体を隠しながらゴロニャンしつつダンジョンに挑むエルフをサポートする話ではあるがエルフっ子が異様に猫好きで猫 に発情しているのがウケる設定ですね。 もっとみる▼
  • (5.0) これは面白い
    オレオレさん 投稿日:2018/11/4
    中身は♂騎士で最強の魔獣なんだけど見た目がまんま仔猫な主人公が少々ぶっ飛んだ処のある御主人のエルフ娘に振り回されてる様子が笑える(笑) しかし何だかんだで御互いを思いあっている良いコンビなので読んでいてホッコリ和みます、今後主人公が成長して いきどうなるのか続きが楽しみです。 もっとみる▼
  • (5.0) 騎士は堕落する
    かんかんさん 投稿日:2020/2/3
    猫の描写が上手く愛を感じる。 巨乳過ぎる絵に嫌悪感を持つ自分でも読めるストーリーだが、時折出てくる無理を感じるお色気は必要なのかな? 本筋が面白いのでテコ入れは不要なのに… いや、作者の趣味か…

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

仔猫カワイイ
営業:チョコボール(シーモアスタッフ)
東雲太郎先生のコミカライズ作品。原作銀翼のぞみ先生、キャラクター原案東雲太郎先生、夜ノみつき先生の異世界ファンタジーを味わえる。転生してモンスターになったつもりが、まさかのかわいい仔猫になってしまったタマ、スタイル抜群のご主人アリアとの冒険が楽しみ。

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ