マンガ多すぎ!業界最大級!!
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

作品内容

銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。※婦怨無終とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  全15巻完結

  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 1巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。※婦怨無終とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 2巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。※婦怨無終とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 3巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。※婦怨無終とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 4巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 5巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 6巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 7巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 8巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 9巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。
  • 婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版 10巻

    150pt/165円(税込)

    銀行マンのできる夫と、平穏で幸せな生活を送っていた―――はずの北原花(きたはらはな)。しかし、毎年きちんと祝ってくれてた結婚記念日を忘れられた頃から、運命の歯車が狂いだした。「よくよく考えてみれば、最近の夫は、どこかおかしい…」。考えれば考えるほど、他の誰かの存在が見え隠れする。そんなある日、幼馴染である瀧田昴生(たきたこうせい)に偶然出会った花は、ダンナのことを相談してしまう――――。 ※「婦怨無終」とは。男性からの愛を失った女性は、その怨みをいつまでも忘れることはないという意味。

レビュー

婦怨無終(ふえんむしゅう) 分冊版のレビュー

平均評価:4.0 4件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (2.0) 登場人物がみんな素敵じゃない
    ボンさん 投稿日:2023/6/5
    潤くんてのは、徹頭徹尾、自分のことしか大事じゃないんだね。こんな男のどこがいいんだろう。初めは優しかったとしても、そういうのは付き合ってるうちから片鱗が見えたろうに。花ちゃんなぜ惚れた? 弁護士も残念の塊だし、花ちゃんもこう君を利用してる 感あるし、こう君も花ちゃんに依存されることに依存してるっぽいし。 なんか、人物それぞれの作りが単純で、その中にも愛すべき…みたいな面がないんだよな。 購入してみたものの、なんか退屈で残念だった。 こんなレビューでなんかごめん。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 続きが早く読みたい
    オリジンさん 投稿日:2023/1/29
    【このレビューはネタバレを含みます】 単行本の方を見て早く続きがみたくて購入しました。 花ちゃん家を出たのはこうちゃんに言われたからだと思うけど、旦那浮気しておいて海外転勤で出世とかありえないし、不倫ばれて追い込まれて反省して欲しい 花ちゃんは慰謝料もらって別れるべき。不倫してた女どうなったのか?この女も花ちゃんを殺そうとしたし 普通じゃない。きっちりおとしまえつけさせるべき 花ちゃんには幸せになって欲しい。 続きを読む▼
  • (5.0) 裏の顔
    ミカさん 投稿日:2023/5/3
    【このレビューはネタバレを含みます】 不倫相手の女は警察に逮捕されたのかと思ったけど、夫が騒ぎを知らないまま、連絡が取れなくなっていて、もっと悲惨な目にあってそう。 もしヒロインが夫を赦しても、ヒーローがこっそり始末してくれるだろうから安心(?)。 続きを読む▼
  • (4.0) こう君こわい
    しろさん 投稿日:2023/4/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 花ちゃんは、計算なの?天然なの?計算でこう君のこと動かしてたら…って思ってしまった。旦那は、体裁とか出世の事しか考えてないのかな?浮気してても、奥さんは絶対気付かないし、気付いても何も出来ないし、浮気相手は遊びだから、適当に遊べていいとか思っていたのかな?こう君が、そうはさせなかったけど、花ちゃんは、旦那の優しいところが好きらしいが、浮気してる証拠もあるし、今はスゴく雑に扱われてるのに、まだ旦那が良いらしい。自分だけを愛してる人がいいなら、こう君がいいんじゃないかな?誰も幸せになれなさそうな話でどういう形で終わるのか、スゴく気になる作品です。 続きを読む▼

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ