電子コミック大賞
無料会員登録で、新規登録クーポンプレゼント中!!

小木くんのなつやすみ【電子単行本特典付き】(1)【シーモア限定特典付き】

600pt/660円(税込)

クーポン

会員登録限定70%OFFクーポンで
お得に読める!

作品内容

夏休み初日、大学生の小木春叶がひと目惚れしたのは全盲のイケメン高校生・田子真也。
すぐに打ち解けて仲良くなった二人だが、自分が恋心を寄せられているとはまるで気付いていない田子に、小木は振り回されてばかり。
指をさわらせてほしいとお願いされたり、「ここの体位どうなってるか教えて」と押し倒されたり―――絶対カオ真っ赤になってるけど、見えてないからセーフ!?
友達のままでいることを選んだ小木だが、田子が小木の気持ちを知ったとき驚きの行動に出る!
実は強引なノンケ攻めと、とことんピュアな受けが織りなす新感覚のブラインド・ラブストーリー!

※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています

新刊自動購入すると抽選で30%還元!
詳細  
簡単
1巻から|最新刊から

作品ラインナップ  2巻まで配信中!

  • 小木くんのなつやすみ【電子単行本特典付き】(1)【シーモア限定特典付き】

    600pt/660円(税込)

    夏休み初日、大学生の小木春叶がひと目惚れしたのは全盲のイケメン高校生・田子真也。
    すぐに打ち解けて仲良くなった二人だが、自分が恋心を寄せられているとはまるで気付いていない田子に、小木は振り回されてばかり。
    指をさわらせてほしいとお願いされたり、「ここの体位どうなってるか教えて」と押し倒されたり―――絶対カオ真っ赤になってるけど、見えてないからセーフ!?
    友達のままでいることを選んだ小木だが、田子が小木の気持ちを知ったとき驚きの行動に出る!
    実は強引なノンケ攻めと、とことんピュアな受けが織りなす新感覚のブラインド・ラブストーリー!

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています
  • 小木くんのなつやすみ【電子単行本特典付き】(2)【シーモア限定特典付き】

    600pt/660円(税込)

    夏休み初日、大学生の小木春叶がひと目惚れしたのは全盲のイケメン高校生・田子真也。
    すぐに打ち解けて仲良くなった二人だが、自分が恋心を寄せられているとはまるで気付いていない田子に、小木は振り回されてばかり。
    指をさわらせてほしいとお願いされたり、「ここの体位どうなってるか教えて」と押し倒されたり―――絶対カオ真っ赤になってるけど、見えてないからセーフ!?
    友達のままでいることを選んだ小木だが、田子が小木の気持ちを知ったとき驚きの行動に出る!
    実は強引なノンケ攻めと、とことんピュアな受けが織りなす新感覚のブラインド・ラブストーリー!

    ※本コンテンツには、コミックシーモア限定特典が付与されています

レビュー

小木くんのなつやすみ【電子単行本特典付き】のレビュー

平均評価:4.7 93件のレビューをみる

最新のレビュー

  • (5.0) 可愛い絵柄ののほほん系と思いきや
    むじこさん 投稿日:2023/11/20
    2人の関係性が最初から妙にあっさりしていて不穏で危うい雰囲気が纏っていて読み進んでいくうちにズキズキと心が痛む場面もあるのですが、めちゃくちゃ面白いです。ゆったりと清く正しく進展してるはずなのに歯車が少しずつズレていっているような不安定な関 係性が垣間見えてしんどいですが目が離せません。早く続きが読みたいです。エロよりもストーリー重視の方におすすめです。 もっとみる▼

高評価レビュー

  • (5.0) 一巻読むと二巻待て!ができないよ!
    木蓮さん 投稿日:2022/10/17
    【このレビューはネタバレを含みます】 難しいのかなぁ、と先入観がありましたがすごく良かった! (一巻のみ10/31までセール) …以下感想、かなりネタバレかと。… ヒューマンドラマの側面、BLの側面 どちら方向でも読めるおもしろさがありました。 (あらすじは控えます)… 一巻の終わりで、田子くんの兄からの言葉により、小木くんが田子くんのことを 「自分にとって都合が良いから、と思う人がいるかもしれない」 って、ところ。 私はピンと来ませんでした、鈍感なのかなぁ? この場面は作者様にとって重要なところだと感じるだけに、自分に少し戸惑ってしまった。 その後の兄の 「ジャンルが分からん」 そっちの方が違和感があり、。 田子くんは最初は小木くんをからかっているのかな、と思える場面があったけど 読み進めるとそんな事はなく、普通に好奇心旺盛な男子に見えました。 (盲目であることがマイノリティであることは分かってますが、敢えて“普通”と書きたくなる作風であると受け止めています) 小木くんは自分の性自認がまだハッキリしていないのかなぁ、と。でも田子くんに恋愛感情はある。 で、田子くんに対してきちんと向き合っていると思う。 田子くんは出会った時は好奇心だったけど、小木くんと過ごしていくうちに彼の優しさに触れ恋愛感情に変わっていったように思います。 田子くんは自分が小木くんの外見は見えないので、そこが悔しいと感じる。これって恋ですよね、もっと知りたい欲望。 二巻の66pから4pほど田子くんが小木くんの横で、自分のことを 自分は自己中だと気持ちを整理しながら話すのですが、すごく好きな場面です。 BL的なおもしろさは二巻が進むに連れてどんどん上がってきました! ずっーと、小木くんはめっちゃいい人じゃん!優柔不断気味もかわいい。 そして田子くんも、かわいい(彼に関しては一巻途中からの私の感情です…笑) 二巻の最後、小木くんの気苦労、分かるぅ。確かに葛藤色々あるでしょう。…それにしてもカナちゃん、ナイスジョブ! 色々考えはしました。でもとっても良かった。 こいかわ先生のあとがきに 「三巻もどうぞよろしく」とありますが、私的にはここでエンディングでも良いと感じます。 (シーモアさんは完結ってあるけど どうかな?) 長くなりましたが、作者のこいかわ先生、すごい作家様だなぁ。 フラットにこの作品を描いてしまうなんて。 他作品も読みたいです。 続きを読む▼
  • (5.0) 可愛くて優しい世界なのに胸が痛い
    うんちさん 投稿日:2021/6/4
    受けくんはいわゆる女性の心を持って生まれてきた男性なんだけど、しばしばイメージされるBッチみの強いメスとは程遠くて、普通の女の子だったんだろうな、という中身なので、可愛くて応援したくなる。そんな中身は普通の女の子が、可愛いものやキレイなもの を「好き」と言えない、言ってはいけない風潮が胸に痛くなるのかもしれない……。 女性『らしさ』や男性『らしさ』を求められる社会で、小さな子の「どうしてマニキュアしてるの」という無垢な質問が心臓に突き刺さってしまう。 攻めくんにはおそらく全盲なことで、そういう無意識に強要されるジェンダーらしさを知らずに生きてる。そこに救いを求めてはいけない、と可愛いものや彼らしさをやめる決意をするところが切なすぎる。涙ちょちょ切れた。・(つд`。)・。 私がおばさんだからかもしれないけど、保護者の気持ちになってしまい、この子たちがありのままで幸せになれる社会であれ、と願ってしまう。 漫画としては、素朴な絵柄で繊細な心の動きを描写されていて百億点満点。受けの彼がトランスジェンダーでもあるから、厳密にはBLではないのかもしれない。BLにカテゴライズせず、少女漫画や青年漫画や一般向けとして読んでほしい名作。 ただ、1巻の表紙からはそういう世界観が伝わって来ないので、広告不全という意味でもったいないなと思います。もっと作品の世界観が一目見ただけでわかる表紙なら、こういうテイストが好きな人の目にもとまりやすいのに。私は表紙とタイトルで目にとまったものから試し読みするので、その表紙とタイトルで刺さらなかったら、せっかくの試し読みすらしてなかったかも。今回はたまたま暇でローリングしてたら1話無料が目にとまった。表紙に世界観が出てないおかげで素晴らしいものを逃してたからちょっと悔しい。 もっとみる▼
  • (5.0) 無意識下の
    ゆめさん 投稿日:2020/8/19
    【このレビューはネタバレを含みます】 試し読みで盲目の男の子とゲイの男の子という珍しい組み合わせと可愛い絵柄に惹かれ、お話も気になったので単行本を買いました。 普段レビューを書くことは全く無いのですが、この作者の方のマイノリティ(読んだ後だとそう形容するのもナンセンスな気がしてくるけどそれしか言葉が見つからないので)に対する考え方がかつてないほどフラットで驚きました。 まず主人公のセクシャリティがとても複雑…好きなのは男の子、でも女の子だって嫌いな訳じゃない(というより経験が無いから分からない)、ネイルをして、化粧をして、女の子がするような格好もしてみるけど女の子になりたい訳じゃない。 主人公を好きな女の子の仕事は明らかになってないけど、仕事帰りはシンプルな服装なのに大学にはロリータで登校している。 そして盲目の男の子は言動から察するに目が見えない事をマイナスには受け取っていなくて、ナチュラルに人に頼るのが上手い。お兄さんもこの弟の事を「目が見えない普通の弟」として扱っていて、特に気を遣う様子はない。 主人公はこの巻の最後で「目が見えないからこそ都合が良くて接していたのか」という問に直面するし、それがどういう帰結を迎えるのか分からないけど読んでいて、それすら「目が見えない=可哀想だし優しくしなきゃ」って気持ちからきている偽善のような気がした。 なので実は盲目の男の子はそう思われてたらそう思われてたで気にしない気がする。だってこの子自身も、主人公が自分に好意を寄せてる事を利用してる。 上手く纏まらないけど、とにかく「特別」を作らずストーリーを構成するのがとても上手な作家さんだなと思いました。 このお話自体もBL漫画ではなく、ヒューマンドラマとして描いていそうな印象です。 続きを読む▼
  • (5.0) エグいしんどい面白い
    梅干しさん 投稿日:2021/6/1
    【このレビューはネタバレを含みます】 全盲マイペース男子高校生×フェミニン趣味の男子大学生。待望の2巻。速攻買ってしまいました。1巻の終わりかたがそうきたかーーとなってて、そこからの2巻。まだまだ続いてます。変わってきた部分もあるけど、それが良いことなのかはまだ判断できず…。さらっとした絵柄で読みやすいんですが、エグいエグい。作者さんすごいな…。考えなきゃいけないことだらけ。まず全盲だし、同性愛だし、セクシャリティも曖昧だし。「普通」とは違うことがあってそれだけでも大変なのに、そもそも小木くんと田子くんの気持ちが重なってるようには思えないという…。2巻の小木くんが立ち止まりたくなる気持ちめちゃくちゃ分かる。普通に顔面が好みで、知り合って付き合うことになって、恋に恋してる部分もあったからそんな覚悟なんてしてなかったよね。それでもやっぱ「同じように」気楽に付き合うなんてできないし。田子くんも田子くんで恋愛と好奇心の区別がついてなさそうだし。田子くんにしてみれば自分が利己的なの分かってるっぽいしし、日常のことだしそんな深く考えなくていいよって思ってるんだろうけどそれは正直難しいよ…。3巻どうなるんだろう…。エグくてしんどいけどめちゃくちゃ面白いから、このまま問題に突き進んでいってほしい。しんどくてもついていきます。 続きを読む▼
  • (5.0) 小木くん頑張れ
    K18さん 投稿日:2021/7/4
    【このレビューはネタバレを含みます】 目の見えない田子くんといわゆる体は男の子だけど心は女の子?(たぶん)な小木くんのお話です。小木くんの一目惚れから運良く友達になってお試し恋人に。田子くんは自分で自分のこと自己中って言うけどとてもフラットで自然に自由に小木くんに接してくれてて、小木くんは最初はそこに救われてたんだろうなと思いました。お兄さんに会うまでは。お兄さんと会って見えないから田子くんなの?って言われて、そうじゃないけどそう思われないように変わる田子くんが切ないです。男の子キャラがフツーの格好をしてるのを見て切なくなったのは初めてです…。田子くんは他者から見える障害だけど、小木くんのは障害じゃないけどなんていうか生きにくい要素があって、見かけじゃわからないから、大変なんだろうなぁと。でもフツーであることに拘らなくても、ありのままの自分でいることがフツーなんだって、小木くんが田子くんと一緒にいて気づいてくれたらいいなぁ。恋愛の方はちゃんと田子くんが小木くんのことを好きになってくれて良かった〜同棲も始まってこの先の展開が楽しみです。小木くん、頑張って! 続きを読む▼

書店員・編集者などオススメレビューをピックアップ!

彼に一目惚れ
設計:人参次郎(シーモアスタッフ)
大学生・小木の一目惚れから始まった夏休みの物語。珍しい全盲攻めです。盲目を弱いものとして描かれていないのが印象的。ノンケの田子は意外にも強引で、グイグイくるのがたまらないのです!そして実は小木には田子に「言ってない」外見上の特徴が。こいかわ先生のブラインド・ラブ、まさに新感覚です!

この作品を読んだ人はこんな作品も読んでいます

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

 

Loading

 

 
 

お得情報をGET!登録してね

▲ページTOPへ